仕事の本当の目標にあったライフハック

ソフトウェア開発の仕事では、いかに無駄をなくすかが重要な課題としてある。大きな規模を持つソフトウェアやコンピューターシステムを開発するとなると、その作業量は膨大である。ちょっとした省力化の心がけが、大きく無駄をなくすことに貢献する。そのため、情報通信技術の業界では、作業に効率性をもたらすライフハックの考え方が普及した。

ただし、開発に効率を求める場合には、それが本当に開発の仕事に役に立っているかどうかを再検討し、実際の効果を評価することが重要である。問題であるのは、本来の目標を忘れて、ライフハックを行う事自体に執着することである。一見効率的に作業がこなせるノウハウであっても、実際に運用してみれば無駄を生み出しているケースがよくある。

しかし、その問題点の存在について見逃してしまい、開発効率向上の効果があると信じて同じ失敗を繰り返しがちである。このことから、開発作業の効率化へと積極的に取り組んでいるにもかかわらず、実際にはその成果が得られていないということは、できるだけ避ける必要がある。方法として、仕事のライフハック術への見直しや、本当に効率化の効果が表れているかについての検討を定期的に行ったほうがいい。再検討を繰り返して残ったノウハウが、本当に開発に役に立つものである。

開発スケジュールの中に、開発効率を見直す工程も合わせて取り入れることで、この重要なポイントについて見逃すことがなくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です