ライフハックで仕事ができる人材の素質

コンピューター技術が発達し、高度な処理を行う事ができるようになった。かつてと比べて、コンピューターの利便性が増している。しかし一方で、開発現場ではハードウェアの性能向上に追随していくための苦労が多い。複雑な処理をコンピューターに行わせようとすると、プログラムの規模は膨大になる。

すでに開発現場では多数のプログラマたちが、一つのソフトウェア開発のために関わっている。さらに、ソフトウェア開発では、それぞれのエンジニアの効率的な仕事への心掛けが求められるようになった。

ライフハックのスキルを駆使して効率よく仕事がこなせるエンジニアが、ソフトウェア開発の職場では求めらる現状がある。

一定の時間の中で、より多くの成果が上げられたほうが、プロジェクトの進行具合が進むからである。しかし、人が簡単に思いつかないような効率化の手段を考案する事は難しい。ライフハック術のスキルの素質としてあるのは、作業をいかに単純化することができるかについて追求する精神である。苦労したくないと考えている人は、労力を少なくしようと知恵を絞る。その素質が、ソフトウェア開発では求められている。

他の業界では、こうした省力化の精神が評価されない分野もある。しかしソフトウェア開発においては、無駄をなくして少ない労力で目的を達成する事ができるという事が重視される。ライフハックのスキルに長けた人が活躍できる職場が、ソフトウェア開発の業界にはある。

エンジニアのスキルアップのひとつとして、時間の無駄を省き人間関係の構築をスムーズにするライフハックはこれからますます重要化されると予測されている。ライフハックについての詳細はこちら⇒「ITエンジニアライフハック仕事術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です